北海道に住みたい人必見!北海道の物件の特徴と選ぶ際の注意点


北海道の物件の主な特徴

北海道は日本の中でも寒い地域で、年間の降雪量も多く、その影響でエアコンが設置されている住宅が多いです。エアコンだけでなく、壁に断熱材を用いていたり、窓を二重にしたりしているなど、様々な寒さ対策が施してあります。また、雪が多い地域では除雪車が作業しやすいように塀がない家も多く、屋根は雪がおろしやすいトタン屋根になっている家もあります。

北海道の物件選びの注意点1:暖房器具の燃料

北海道の暖房器具の燃料は、主にガスか石油を用いたものが一般的です。それぞれの特徴については、ガスの場合は暖くなるのが早い代わりにランニングコストが高くなることが多く、石油の場合は暖まるのが遅い代わりに部屋全体をまんべんなく暖めることができます。しかしランニングコストが石油の値段次第になり安定せず、給油の手間がかかるというデメリットもあります。他にもガスは都市ガスとLPガスがあったり、石油は匂いが人によっては苦手だったりと、コストと温度以外の特徴も多いので、物件選びの際は暖房設備に使われているものに関して事前に調べておくと良いでしょう。

北海道の物件選びの注意点2:駐車場

北海道のアパートでは3階建てで1階部分が駐車場になっている形態が多いですが、その関係で駐車場部分には外の冷気が大量に入り込み、その上の階にある部屋はかなり寒くなってしまいます。駐車場に暖房を設置してあれば別かもしれませんが、そのような物件はほぼ存在しないといっていいでしょう。もちろん一戸建てなら大丈夫ですが、駐車場に屋根がない場合、雪による車の故障も起こりうるので思わぬ出費につながる可能性があります。
そのため、アパートに住む場合は駐車場の上をできるだけ避け、一戸建てに住む場合は駐車場に屋根があるかどうかを確認しましょう。

小樽は降雪量が多いため、建物が雪の被害により修繕を必要とする場合があります。借家契約書には、建物の部分的修理を賃借人が負担すると書いている場合もあるので、小樽の賃貸を利用する際には注意が必要です。