どうやってたてるべき?家造りのための資金計画


自己資金を物件の2割は用意する

マイホームの購入は非常に大きな買い物です。一括でマイホームの費用を支払うことができる人は少なく、多くの人々は住宅ローンを利用して徐々に返済していく形をとります。住宅ローンを組めば、家造りの資金計画も立てやすくなると考える人もいますが、住宅ローンの支払い自体を甘く見ると後々破産することになるので注意が必要です。また、住宅ローンを組むといっても、費用の全額を組むことができるわけではありません。住宅ローンを組むにしても、家造りにかかる費用のおよそ2割は自己資金で用意する必要があるので、その点を考慮して資金計画を練ることが必要です。

ボーナスばかりに頼らない

住宅ローンの返済計画を組む際に、ボーナスを大きく返済に充てる計画を立てる人もいますが、あまりおすすめできません。ボーナスは、支払われれば、確かに返済に大いに役立ちますが、ボーナスばかりを頼りにしていると順調に返済できないことも多いです。そもそもボーナスというものは会社の業績及び社会情勢に大きく左右されるもので、必ず支払われるというものでもありません。そのように不安定な給与をローンの返済の大きな頼みにしてしまうと、計画が大きく崩れてしまいます。

諸経費も忘れずに考える

家造りに必要は費用は、物件の建築費用ばかりではありません。庭をはじめとして外構工事費用も必要なほか、引っ越しにかかる費用、そして登記の関係でかかる費用など様々な費用が掛かるものです。これらの諸経費も資金計画にしっかりと盛り込むと、最初の段階で資金計画が躓くことが少なくなります。

2000万の家は、予算配分によって夢が叶えられます。例えば、気にならない部分は安く抑え、力を入れたい設備はグレートの高いものにするといいでしょう。