一人暮らしなら間取りはどうする?二つの考え方を持ってみよう!


ワンルームの魅力を認識しよう

一人暮らしをするときにはワンルームを選ぶか、1Kや1DK、1LDKといった部屋が二つに分かれているものを選ぶのが一般的です。ワンルームの魅力をまず考えてみるのが間取り決めをするときには重要になります。部屋が一つになっているとスペースを有効活用できるので、面積の割にかなり多くのものを部屋に入れることが可能です。扉の開け閉めをして移動する必要がないので機能的にも優れています。掃除もしやすくて家事をするときにも無駄な動きをしなくて済むことが多く、プライベートの時間を充実させやすいと考えることもできるでしょう。

1K以上にする魅力を検討しよう

1K以上にするとキッチンと寝室を分けることができるのが魅力です。キッチンの匂いが寝室の方に入ってこないというのがメリットとしてよく知られていて、きちんと炊事を切り分けたい人に向いています。部屋が分かれていることでそれぞれに機能を持たせることができるため、整った様相の住まいに仕上げやすくなるのも特徴です。また、壁が多いので家具を増やしやすいというのも魅力で、部屋にタンスや棚などを置いて綺麗に彩りたいと思っている人は1K以上にした方が良いでしょう。ものをたくさん置きたい場合には広めの間取りの部屋にしておくのが大切です。

感性を大切にして決定しよう

ワンルームにも1K以上にもそれぞれメリットがあるので、どちらが優れていると一概に言うことはできません。どちらが良いかは個人の感性によって決まるため、自分が住んでいる姿を想像して決めるようにしましょう。

江別の賃貸物件の周辺には、駅周辺の店舗や市を縦断する国道沿いのロードサイド店などが多くあり、生活用品の買い物に適した地域です。また、森林公園をはじめ、自然豊かな環境も特徴の一つです。