北海道の物件事情は独特?賃貸住宅の選び方


賃貸住宅選びのポイント

賃貸住宅を選ぶ際のポイントには家賃や利便性、設備などがあります。まず家賃は築年数や駅からの距離によって決まるのが一般的です。利便性を重視し、駅から近い賃貸を選んだ場合家賃は高くなる傾向にあります。逆に駅から離れれば離れるほど、家賃の安い物件は多くなるでしょう。駅から多少離れていても自転車が使える場合は、駅から遠い物件を選ぶのも1つの方法です。駅からの距離のほか、築年数が浅い物件も家賃が高く設定されていることがあります。家賃が高めな代わりに、新しいので設備の劣化などを気にせず過ごすことができるでしょう。また、オートロックなど設備が整った賃貸も家賃が高めですが、防犯や便利な機能が備えられているため快適な生活が期待できます。

北海道の賃貸住宅の特徴

北海道は寒冷地であることから、住宅事情もほかの地域と少し違うといわれています。関東には夏の暑さ対策のため、エアコン付きの賃貸住宅が多くあります。北海道は夏の暑さよりも冬の寒さを重視している賃貸住宅が多く、エアコンが備え付けられていないことがほとんどです。エアコンよりも暖房器具の設置が重視されています。また、北海道の賃貸住宅を借りる際は、管理会社が水落としのマニュアルを用意している場合があります。これは、氷点下のなか外出などで暖房を消すと家の中の水道管が凍ってしまう可能性があるためです。水落としをしておかないと水道管が破裂し、階下の部屋の住民に迷惑をかけてしまうことにも繋がりかねません。そういった事情から北海道の賃貸には、ほかの地域と少し異なる文化があるようです。

札幌東区の賃貸マンションや賃貸アパートは土地の坪単価が比較的リーズナブルなので月々の家賃が安いです。