注文住宅を建てるなら知っておきたい住宅ローンの基礎


住宅ローンにもたくさんの種類がある

注文住宅を建てるために必要なお金を用意したいと考えたときには住宅ローンを使えば良いと知っている人は多いでしょう。住宅ローンを使えばある程度の頭金を用意するだけで高額の融資を受けて注文住宅を建てられます。ただ、住宅ローンにも色々な種類があるので状況に応じて最適なものを選ぶ必要があります。公的機関による支援として行われているものもあれば、民間の銀行などが独自に行っているものもあるのです。その種類によって借り入れ可能な金額や期間、返済期間中の金利の決まり方などにも違いがあり、それに伴って審査の難易度も変わります。新しい商品も次々に生まれていることから、きちんと比較をして申し込むのが大切です。

住宅ローンの比較ポイント

住宅ローンの比較をするときには何に着目したら良いのかと悩む人もいるでしょう。比較できるポイントは実は最初の段階ではあまりありません。借り入れ可能な金額も金利も審査を受けてみないと確定しないからです。そのため、重要になるのは借り入れ可能な期間、金利の形式、そして審査の通りやすさだと考えるのが妥当でしょう。借り入れ可能な期間は商品ごとに定められていて、最長で35年くらいまで選択肢にできます。金利の形式は主に変動金利と固定金利がありますが、中には一定期間は固定金利でその後は変動金利になるといったものもあるので検討してみましょう。審査の通りやすさは安定した収入がある人についてはあまり問題がありませんが、転職したてのときや金融事故を起こしたことがある人などは注意しておくべき点です。

福岡の注文住宅の中には、全国で1位の施工技術を誇る工務店があります。長期優良住宅として認定されているので老後も安心です。