これって北海道ならでは?寒冷地ならではの物件選びのポイント


暖房器具に利用するエネルギー

北海道で特に気を付けなくてはいけないのが冬の寒さです。北海道は全国でも特に積雪量が多い地域で、冬場は氷点下まで気温が下がることも珍しくありません。1日を通して寒さ対策をする必要があることから、物件を選ぶ時は暖房器具の利用に使われるエネルギーを確認しておくことが重要です。北海道で利用されるエネルギーは、ガスと石油の2種類に分類されます。ガスは点火してから効果を発揮するまでの時間が短く、帰った時に自宅に誰もいない単身生活に最適です。それに対して石油は比較的手頃な値段で購入できるなど、ガスに比べてコストを抑えられるといったメリットがあります。しかし、放射熱によって暖めることで時間が掛かってしまうので注意が必要です。中には石油から発せられる独特の匂いが苦手という人もいますので、自宅での保存についても考慮しなくてはいけません。

気温の影響で起こる水道管のトラブル

寒冷地ならではの物件選びのポイントに水抜きがあります。水抜きとは文字通り水道管に溜まっている水を取り除く作業です。極端に気温が低くなる冬の北海道では、この作業を怠ると水道管の内部に残った水が凍ってしまうこともあります。中にはこの凍結によって水道管が破裂して自宅に浸水してしまうという事例も少なくありません。集合マンションで階下に住人が住んでいる場合、自宅だけでなく他の人にも迷惑を掛けることになってしまうため、長期間家を開ける時は必須とされています。物件によって水落としの作業は異なるので、契約をする前に教えてもらうことを忘れてはいけません。

最近の借家契約書には、建物の修繕義務は賃借人が負担すると記載されている場合があります。しかし、大雪などの自然災害が起きる網走の賃貸の大修繕においては、当然貸し主が修繕の責任を負うことになります。