こんなにあるのか!狭小住宅に住むメリット3選


日当たりが良くて気持ちがいい

都心では広い土地を確保しにくいことから、狭小住宅がたくさん建てられています。そもそも狭小住宅とは、その名の通り、50平方メートル以下の狭い土地に建てられた住宅のことです。家族が快適に暮らせる分の床面積を確保するために、3階建ての家が多いのが特徴的です。一般的に1階に駐車スペースとお風呂場やトイレ、2階にキッチンやリビングルーム、3階が寝室という造りになっています。狭小住宅というとマイナスなイメージを持つ人が多いですが、実は3階建てであることから日当たりが優れているというメリットがあります。つまり、3階にベランダを設置すれば、洗濯物をすぐに乾かすことが可能です。

お金の節約につながる

狭小住宅は土地の面積が通常よりも狭いことから、土地にかかる税金をコストカットできるのもメリットです。たとえば、土地の広さに比例して課税される固定資産税などの税金が安くなります。広い土地よりも狭小の土地のほうが価格が安くなるので、その分、建物にお金をかけることができるというわけです。また、生活面でも家族がリビングルームに集まることが多いため、光熱費を抑えられることも魅力と言えるでしょう。

交通の利便性が高いです

狭小住宅は都心に集中して建設されている傾向にあるため、交通の利便性が優れていることも魅力です。たとえば、自宅の近くに駅やバス停があることが多く、毎日の通勤や通学で公共交通機関を利用する場合に不便を感じることがありません。また、デパートやスーパーなどの買い物できるお店も近所にあることから、日常的な買い物をする際も便利です。

狭小住宅は地価が高い都市部に多く見られますが、少ない敷地を有効に活用できる建築方式なので郊外で建てられることもあります。また、母屋に従たる離れとして建てられるケースも少なくありません。